医者

不眠の原因はこの病気かも

男性

寝ている間に呼吸が止まる

不眠に悩む人は少なくありませんが、その多くはストレスや生活習慣の乱れなどが原因です。しかし中には特殊な病気が原因となっているケースがあります。そんな病気の1つに睡眠時無呼吸症候群があります。睡眠時無呼吸症候群とはその名のとおり寝ている間に呼吸が止まってしまう病気です。ガイドラインによれば睡眠中に10秒以上の無呼吸時間があり、しかもそれが一晩に30回以上または1時間に5回以上繰り返される時はこの病気に該当するとされています。睡眠時無呼吸症候群になると夜中に何度も目が覚めたり、眠ったつもりでも脳が不眠状態になって日中に頭がボーっとなったりします。もしやと思う人は家族に睡眠中の様子をチェックしてもらうなどすれば治療の必要があるかどうかが分かります。

肥満が原因の場合が多い

睡眠時無呼吸症候群の原因としては次の2つがあります。1つは何らかの原因で呼吸をつかさどる中枢神経に故障が生じている場合です。もう1つは気道が狭くなって空気が通りづらくなる場合です。発症例としては後者が圧倒的多数を占めます。気道が狭くなる要因にはさまざまなものが挙げられています。元々骨格が小さい、寝る時の姿勢に問題がある、アルコールの摂取で筋肉が弛緩するなどがその具体例ですが、中でも大きな要因と考えられているのが肥満による脂肪のつき過ぎです。そのため太り気味で睡眠時無呼吸症候群に悩んでいる人は、食生活を改善したり適度な運動を行ったりしてダイエットを行うことで症状の改善が期待できます。寝姿勢の工夫なども試してみる必要があります。

Copyright© 2015 無呼吸症候群は周囲の気付きでケア|治療情報発信局All Rights Reserved.